posted on 7/2/2007
タミヤRC製品・即買いカタログ
<モバイル版> <PC版>
powered by Amazon

RC Car Trend モーター研究室

<その49:ブラシスプリングを替えたら>



<どのくらい違うのか?>

今回は「その48」で分析した「ライトチューン」モーターを題材に、 ブラシスプリングのテンション(バネ圧)の違いがどのようにモーター性能に影響するのかを探ってみます。

現在販売されているタミヤの5x4mmブラシ用スプリングは3種類あります。最もポピュラーなのは、 ダートチューンを除くスタンドアップブラシ仕様共通の180g品 (部品番号7405079、線径0.49mmの6回1/3巻き)ですが、このほかに レイダウンモーターのタイプRZ/RRだけに使われている 210g品(部品番号不明、線径0.50mmの5回1/3巻き)、 そしてダートチューン専用の280g品(部品番号7405092、線径0.54mmの6回1/3巻き)があります。 右の写真は、左が7405079、右がダートチューン専用(現時点では)の7405092です。

タミヤGPのみならずJMRCAスポーツクラスでも、ホモロゲーション済みモーターの部品を勝手に交換して仕様変更することは 明らかな改造に当たるわけで、「失格」につながる行為なわけですが、 このブラシバネの違いは、分かってないと、一瞥で見分けるのはかなり困難です。何しろ色が同じですからね。 JMRCAでは、そもそも「タミヤ印」のモーターを使うのか?(使わんだろフツーは)・・・という話がありますが、 ソレは置いとくとしても、モノの性能差を出す余地が乏しいタミヤGPにおいて、 ブラシスプリングを換えて、モーターの性能が変わるとしたら、大問題ですよね。従来なら、180gと210gですから 計測しても誤差程度の違いしか認められなかったのでRCTとしても「放置」してあったんですが、さすがに ダートチューンの7405092スプリングの「280g」というのにはたまげました(苦笑)。ライトチューンのバネをコレに換えて 良くも悪しくも「性能が変わらない」ハズはありません。悪くなるならいいんですが、一般に、ブラシバネ圧のアップは ブラシの接触・導通を改善して、摩擦増加による損失をカバーしてパワーアップにつながるもの、とされているので、 気にならないハズがありません。これまでRCTでは、機会がなかったので厳密な検証をしたことがありませんでしたが、 今回、ようやく重い腰を上げて「試してみようか」となった次第です。さてどんな結果が待っているやら・・・。



当ページの完全版は、 RCT-BBS会員専用ページで先行公開中です。
登録はこちら!

「モーター研究室」の目次へ戻る



このページは、タミヤRCカー専門サイト「RC_Car_Trend」が提供しています