トップへ
取り出しツリー

. 05に使えるサスブロックは? ミニから05へ 07/07木05:02[71]選択
. RE 05に使えるサスブロックは? いつもBメイン 07/07木10:23[73]選択
. 415用とEvo4用は高さが異なるので注意 ふぇら〜り伊藤 07/07木15:22[76]選択
. ありがとうございます ミニから05へ 07/08金12:19[84]選択
. サスブロックとアップライトとの関係にも注意 ふぇら〜り伊藤 07/08金16:16[86]選択
. ますますありがとうございます ミニから05へ 07/09土01:19[87]選択
. Evo3/4用も使い道はあります ふぇら〜り伊藤 07/09土13:50[91]選択
. マルチリンクサス効果について 猫背ニャー小池 07/09土02:26[89]選択
. 厚紙で確かめてみてください ふぇら〜り伊藤 07/09土13:46[90]選択
. 紙モデルで確認しましたが・・・ 猫背ニャー小池 07/10日12:26[96]選択
. 実走行では ふぇら〜り伊藤 07/11月02:56[106]選択
. Re:紙モデルで確認しましたが・・・ エボ3ユーザーです 07/11月21:06[108]選択
. とりあえずリヤサスの話と理解してますが ふぇら〜り伊藤 07/11月22:47[109]選択
. やっぱり、トー変化なし 猫背ニャー小池 07/11月23:10[110]選択
. もうすこし詳しく解説したいと思います エボ3ユーザーです 07/13水23:06[120]選択
. 前提が違います。 猫背ニャー小池 07/14木01:35[128]選択
. おっとたしかにそのとおりですね エボ3ユーザーさん 07/14木16:05[134]選択
. この書き込み間違ってます。 エボ3ユーザー 07/14木16:23[135]選択
. いやいや間違ってないかも エボ3ユーザー 07/14木20:14[139]選択
. 一晩よく考えてみた、私なりのまとめです はいどら 07/15金20:33[162]選択
. 勉強になりました。 猫背ニャー小池 07/15金22:24[164]選択
. 少しおかしな感じです。 ABAK 07/15金22:43[165]選択
. 2本アームでも、一応可能 猫背ニャー小池 07/16土01:42[169]選択
. 理解しました ABAK 07/17日00:21[179]選択
. 蛇足です エボ3改め、はいどら 07/18月20:29[190]選択
. 以前から気になっていた話題なので… ラジ虫 07/14木01:58[129]選択
. 変形とガタ 猫背ニャー小池 07/15金23:12[166]選択
. Re:変形とガタ ラジ虫 07/16土01:14[168]選択


上の選択記事
. 05に使えるサスブロックは?返信  
いまさらの質問かもしれませんがご教授願います。

415のサスブロックが使えるとの事ですが、キット標準と同じものが(A)で、それから(B)〜(D)にしたがい幅が広くなるっっていう感じでしょうか。
(X)というものとフロントブリッジサスマウント(D)はどのようなものなのでしょうか?また組み合わせ方法など教えていただければありがたいです。
ミニから05へ メール 2005/07/07木05:02 [71]
. RE 05に使えるサスブロックは?返信  
サスマウント幅はお察しの通りA→Dへ0.5度分ずつ広くなっていきます。XはAより1段階狭いものです。
ブリッジサスマウントはシャーシとマウントの間に駆動ベルトを通せるようにへこみがあります。TA05ではフロントとリアそれぞれ中央側に1個ずつ必要です。
なおリアの前側はサスマウント幅に制限があり、ブリッジサスマウントDは使えません。Aを使いましょう。
ちなみにキット標準幅は前後ともAです。

それからベルトとブリッジサスマウントの干渉が心配なので私はサスマウントの下に1.5mmスペーサーをはさんでサスマウント位置を高くしています。
いつもBメイン 2005/07/07木10:23 [73]
. 415用とEvo4用は高さが異なるので注意返信  
http://www.rct.jp/contents/lab/chassis/data/susblock.gif
にサスブロック一覧を取りまとめた表を作ってみましたので参照してください。
まだ調べ切れてない部分がある暫定版ですので不明な部分は後日調べて追加しておきます。
間違いがあったら直メールでご指摘いただければ。

              * * *

415用はサスブロックに「1」が頭に付いてEvo4用と区別されています。
「1A」とかいうやつが415用なのでBBSに書くときもハッキリ区別するようにしましょう>all
いずれも1段階広がるとトーインが0.5度強まるようになっています。

また、フロントに使うとトレッド調整に使えますが、
これを体感できる人は、ひと握りの選手権レベルの方に限られます。
自分も含めて、一般には単におカネのムダだと思いますよ!サスブロックって意外に高いですからね。
タイムに出てこない程度の効果じゃ、サンデーレースには意味ないですよね。
ノーマルの樹脂製サスブロックでもスペーサー入れて前後の高さ調整は出来ますし、ガタも少なくて問題ないです。
リヤはトーイン調整したいのでアルミサスブロック入れたいわけですけど。

           * * *

ところで、415用とEvo4用はサスボールの支持高さが異なります。
厳密に測ったことはないのですが1.5mmのスペーサー入れるとちょうど合うくらいなのでたぶんその程度の差でしょう。

415用はもともと414系やEvo2と同じ規格で、幅を「点」で表記していたものでしたが、
Evo3からサスボールの支持高さが上がった新バージョンが出て、アルファベット式の新しい表記法が導入されたので
これに順じて415から新たにアルファベット化されました。
しかしEvo3/4(3と4の違いは色だけ)との混乱を避けるため、「1」が付いたわけです。

というわけで実はEvo2用と415用は共通です。414用も形状は違いますが寸法は同じなのでアライメントを変えずに使えます。

ちなみに415用としては、Evo3/4には設定されていない、Xよりもっと狭い幅のサスブロックも出ています。
Item 49351「ワールドチャンピオンパーツセット」として出て、
現在はop.808〜811としてバラ売りも出ています。
これは「XA」〜「XD」までのサスブロックですが、「1A」〜「1D」までとは逆に、番手が大きくなるほど幅が詰まります。
「X」がついたら逆だよ、と考えれば良さそうです。

それから、415用とEvo4用のサスボール支持高の違いによる差ですが、
コレはサスアームの「バンザイ」度に直接影響するもので、ロール剛性を左右します。
私なんかのレベルでも明らかにタイムが変わってくるくらい大きな影響がありますので重要なセッティングポイントです。

ハイグリップ路面やアンダーパワーの仕様では、
Evo4の高さか、もっと高いくらいのほぼ水平なところまでサスアームを持ってきて
ロール剛性を高めてやることで初期が良くなったり旋回性が上がります。
しかしグリップの低い路面やオーバーパワーの仕様だとタイヤが上滑りしてグリップダウンしてしまうので
逆にロール時間を稼いでタイヤ面圧が一気に上がらないようにしてやったほうが全体的なグリップ向上につながります。
また、415のサスブロックのほうがスペーサーで高さを調整する幅が広く取れますから、通常はこちらを使うほうが無難です。

ちなみに現状のタミヤGPでは、TA-05に関しては「どのサスブロックを使ってもいい」ということになっていますから
415のサスブロックが認められないEvo4なんかよりは若干有利かも。

キット標準では、いろんな路面に対応できるよう、サスアームはどうしてもロールが多めの設定になっていますから
暑い時期にはもっとスペーサーで高さを稼いでサスアームを水平に近くしたほうが、
好感触を得られるケースが多いはずです。
ふぇら〜り伊藤 メール 2005/07/07木15:22 [76]
. ありがとうございます返信  
いろいろ種類がありすぎてわかりませんでしたが、理解できました。
わたしもリヤのトーイン調整のみ使おうと思っていましたので、リヤアームの前側にブリッジサスマウント(A)後ろ側に(1C)か(1D)で様子みたいと思います。
ミニから05へ メール 2005/07/08金12:19 [84]
. サスブロックとアップライトとの関係にも注意返信  
慣れないと分からないと思いますが、

クルマとしてのリヤトーイン設定は
「アップライトのトー角」+「サスアーム(サスブロック)のトー角」です。

キット標準ではトーイン+2度のアップライトが付いているわけですから、
サスマウント1A+1Cの組み合わせで1度のトーインを追加すると、全部で3度になってしまいますよ。
3度は場合によっては「欲しいと思うことがある」範囲なのでまだいいですが、
1Dとか入れちゃうと3.5度で、コレはよほどの理由がない限り「付け過ぎ」です。

自分はどうしているかというと、TA-04のノーマルアップライト(sp.869)がトー角1度なので、
これに交換して、サスブロックによるトー角設定の幅を広げようとしています。
このほうが、アップライトがマルチリンクサス的な動きになりますしね。
つまり、直進時にはトーイン少なめ、コーナリング時にはサスアームがスイングしトーインが強まる設定です。
Evo4から採用されたコンセプトがTA-05にも使える、という話です。
ふぇら〜り伊藤 メール 2005/07/08金16:16 [86]
. ますますありがとうございます返信  
失敗しました!
間違ってエボ4用のBCD買ってしまいました〜
軸芯の高さが目に見えて違いますね。今度は一覧表参考にして
1と刻印されているサスブロック購入します。(今日近くのお店見てきましたが売り切れ続出してました。カスタマーで注文だな)
今日、本格的に製作し始めましたが、3mmタップ切りで手が痛いです。でもなんかわくわくするシャーシですね。
ほんといつもふぇら〜り伊藤さんのデータは参考になります。
これからもより良いRCTになるように応援させていただきます。
山形大会がんばるぞー!
ミニから05へ メール 2005/07/09土01:19 [87]
. Evo3/4用も使い道はあります返信  
ハイグリップ路面ではロール剛性を上げてグリップを稼ぎたくなります。
そういうときにはどっちみサスブロックを上げてサスアームの「バンザイ」を減らす方向になります。
その際にはEvo3/4用のサスブロックが役立ちます。
とはいえ1mmしか持ち上がらないので、本当に欲しいときはこれでも不足気味ですが、効果は分かります。

実際のところ、自分はこの季節、キット標準から1.5mm上げのところからスタートしてみようかと思って
サスブロック組んでいます。サスブロックの高さの差をチェックしてなかったときに組んだので一応415用使ってますけど。
ふぇら〜り伊藤 メール 2005/07/09土13:50 [91]
. マルチリンクサス効果について返信  
サスブロック側でトーインをつけた場合、サスアームがスイング
することでトーインが強まる、というのが理解できませんでした。

アルミサスブロックを持っていないので、実物で確認することも
出来ないし・・・

文章で説明しにくそうな内容ではありそうなんですが、出来れば詳しく
教えていただけないでしょうか。よろしくお願い致します。

猫背ニャー小池 2005/07/09土02:26 [89]
. 厚紙で確かめてみてください返信  
これは、言葉で説明するとしたら
「アップライトがそういう軌跡を通るから」としか言いようがないと思います。
私には三角関数を駆使しての軌跡の数学的な説明はできません。
誰か手伝って〜! ラジコンマニアに数学者はおらんのか〜!!

実際には、そこまでの理論は不要ですよね。
手元にある紙を折ってお考えになってみてください。
折り目がサスピンになると考えて。
やや極端な例でやってみると一目瞭然でしょう。

アップライトの向きがサスアームに対して固定されている、というのがミソですから、
アップライトがフリーで動くフロント側ではあまり意味がないのでは?という気がしますが、
タイロッドで間接的に固定されていることではリヤと同じなので
(F201のリヤアップライトを考えてみましょう)
やはり、トーインが強まる効果があると思います。

ただ、フロントの場合は、単にトーインが強まってグリップが増す、ということ以上に、
アッカーマンの変更(アッカーマンを弱める方向)と同じ効果があると考えればいいと思います。
ふぇら〜り伊藤 メール 2005/07/09土13:46 [90]
. 紙モデルで確認しましたが・・・返信  
トーインの変化はありませんでした。

アームがスイングしても、平行な2本のシャフトで繋がっているため
角度変化は起こりません。

マルチリンクサスのようなトー変化を伴うリアサスはRCでも
有効だと以前から考えていまして、サスブロック変更のみで実現
できるなら、タミグラでもOKじゃん!!と思ったんですが・・・
残念。

ちなみに、Fサスのスイングによるトー変化は、いわばバンプステア
ですから、癖のあるステア特性になってしまうと思います。
猫背ニャー小池 2005/07/10日12:26 [96]
. 実走行では返信  
コーナリング時にはシャシーが前傾しますので
サスピンが進行方向に平行な場合とそうでない場合とでは
アップライトの軌跡は違ってくると思いますよ。
スキッド角が付いているマシンだとこの効果がキャンセルされるんですが、
最近のマシンは低重心化してスキッドが0になってきてますからね。

シャシーが前傾して、対路面でサスピンが並行になってなくても
やはりアップライトのトー角に変化はないでしょうか?
そうすると単なる私の思い込み、ということになるんですが・・・いやいやそんなはずは・・・。
CADでモデル描いて線引けると一目瞭然なんですが・・・。
誰か描いてくれないかな〜。
ふぇら〜り伊藤 メール 2005/07/11月02:56 [106]
. Re:紙モデルで確認しましたが・・・返信  
 猫背ニャー小池さんは何か誤解されているような気がしますが。
アームをストロークさせて、それを真上から見たとき角度は変わってますよね。極端な状態で試せば(たとえばサス取り付け角トーイン45度)よりはっきりすると思いますが。さらにはキャスター角にも影響が出ますのでそこも注意ポイントかも。

 それから、アーム取り付け角によるトー変化とバンプステアとではまったく別の挙動です。バンプイン、バンプアウトによるトー角変化はF201で既に実現されていますね。(取り説などで説明されているかはわかりませんが)
エボ3ユーザーです 2005/07/11月21:06 [108]
. とりあえずリヤサスの話と理解してますが返信  
なのでバンプステアの話はとりあえず置いといてください。
確かにサスアームを「真上から垂直に見下ろしている限り」は猫背ニャー小池さんの言うとおりなんです。
ふぇら〜り伊藤 メール 2005/07/11月22:47 [109]
. やっぱり、トー変化なし返信  
アーム紙モデルを角度をさまざまに変えながら見てみたんですが、

アームが繋がる2本のサスシャフトが平行で、サスアームが剛体で
ある限り、アームのトー角やスキッド角、車体のピッチ角がいかなる
状態にあっても、アームのスイングによりアップライトのトー角が
変化することはありません。

但し、サスアームの剛性が低く、ダンパースプリングテンションに
より、ねじれ変形する場合は、2本のサスシャフトが平行で
なくなるので、若干のトー変化とキャスター変化があります。
が、04足やリバサスは剛性が高いので、変化はないでしょう。

なお、バンプステアと書いたのはフロントサスでの話です。
フロントに関しては舵角はステア操作によってのみ決められるべき
で、ロールなどの外力で舵角が変化するのは好ましくないと
思います。

リアサスに関しては能動的には操舵出来ないので(かつて4WS車
はありましたが)、通常はトー角固定していますが、
一歩すすんで、ロールを利用し、受動的にトー角を変化させて
操安性を向上させられないかどうかが今回のテーマなので、
F201リアサスのタイロッド高さ調節によるトーコントロールと
目指すところは同じです。
猫背ニャー小池 mailあり 2005/07/11月23:10 [110]
. もうすこし詳しく解説したいと思います返信  
 もちろんアームの剛性うんぬんは関係ありませんし、トー角が変わるというのはあくまでも、見かけ上のトー角が変化する、という意味です。
 それからふぇら〜り伊藤さんにも指摘されました「リアサス前提で..」というのは私もそのつもりでしたが、ちょっと言葉が足りなかったかと思います。

 それでは私なりの思考手順を順番にもうすこし詳しく解説したいと思います。これからの解説は、リアのロアアームしか必要としません。実際に試すにしても長方形の紙が一枚あれば十分です。

 まずは、おおげさにアーム取り取り付け角トーイン45度で考えてみます。
 角度に関しては分度器での角度のほうが説明しやすいですね。左側に0度、右側に180度とします。

 では目の前にサスアームがあるとします。そのサスアームは左のリアアームとします。アップライトのシャフトが自分から見て垂直(ラジコン用語的にはトー0度)、アーム取り付け角が135度(45度のトーイン)で目の前にあるとします。
 では、そのアームをアーム取り付け角に合わせてスイングさせてみます。
 ぐいっと90度までスイングさせるとアップライト側のシャフトとアーム取り付け側のシャフトが真上から見て重っているのがわかりますか。もちろんこの状態では実際のサスアームの構造を考えますとタイヤあるいはアップライトとサスアームがお互いめり込んでいる状態ですが、トー角のみをポイントとするのでとりあえずは無視します。

 このとき上から見たトー角は135度(45度のトーイン)ですね。アップライト側のシャフトとサスアームのシャーシ取り付け側のシャフトが重なるまでスイングさせたわけですからこのとき、サスアーム取り付け角とトーイン(アップライトシャフトの)が一致することが理解できますでしょうか。
 ではサスアーム取り付け角が20度ではどうでしょう。同様に90度スイングして20度のトーインがつくことはもはや自明かと。

 これはつまり”サスアームを水平状態から+90度(あるいは-90度)スイングさせるとアーム取り付け角だけアップライトでのトー角が変化する”ってことです。
 この時点で、サスアームのスイングによるトー角への影響についての説明は終わってしまったわけですがもう少し具体的な例を上げてみます。

 
 ※ここからは角度の説明はラジコンのセットアップ用語に合わせます。
 1G状態でロアサアームが水平になるようにセットアップされた車があるとします。アップライト側0度、アーム取り付け角2度としましょう。キャンバー角は0度とします。このときのトー角は実際にタイヤの傾きを計測したとしてトーイン2度です。

 そこでこの状態から、サスアームを10度上半角をつけたバンザイ状態にセット変更したとします。キャンバーなども0度にちゃんとセットアップできたと仮定します。
 このときサスアームの角度を垂直になるまでスイングさせたとき、2度のトーインがさらにつくことは既にわかっておりますので、このときのトー角は実際にタイヤの傾きを実際に計測した場合トーイン2.22度ほどになるかと。
 さらには今の例では1G状態で、と仮定しましたが実際の走行中に車がロールした、または加速時にシャーシが沈み込んだ、そんな場合にも同様の変化があるかと想像します。

 とはいえ、実際の走行中にサスアームの角度で10度も変化するほどサスがストロークするかって疑問が残ります。サスアーム取り付け角2度ってのもすこし大げさですし、最近のシャーシはかなり長いサスアームを使用しているので、トー角の変化はさらに少ないかと考えます。


 というわけで私なりの結論として、サスがストロークした際のトー角の変化については確かにある。ただし車の挙動に影響が出るほどではない、といった所ですがいかかでしょうか。
エボ3ユーザーです 2005/07/13水23:06 [120]
. 前提が違います。返信  
エボ3ユーザーさんの説明は、前半と後半では前提が異なっています。

前半では、アップライト側のサスシャフトが進行方向と平行で、
シャーシ側シャフトが45度トーイン、つまり2本のシャフトが
平行でないわけで、この前提ですと確かにトー変化はあります。

後半は、実際のシャーシ構造に即し、サスシャフトが平行である
前提の説明になっていますが、この条件に前半で説明された
トー変化を当てはめることはできません。

私が上の書き込みで述べたように、アップライト側シャフトとシャーシ側シャフトが平行な場合は、シャーシ側のトーインが45度で
あろうと、サスアームが90度スイングしようと、アップライト側
シャフトのトーインは常にシャーシ側と同じです。

でも、前半部分のサスアームって、実現させたら面白そうですね。
ダブルウィッシュボーンというより、アッパーリンク付きの
セミリーディングアーム?という言い方でいいのかな。

実車でも採用例はないかもしれません。
非常にシンプルな構造でトー変化させられる画期的なものかも。


猫背ニャー小池 mailあり 2005/07/14木01:35 [128]
. おっとたしかにそのとおりですね返信  
>でも、前半部分のサスアームって、実現させたら面白そうですね。
>ダブルウィッシュボーンというより、アッパーリンク付きの
>セミリーディングアーム?という言い方でいいのかな。

 アーム取り付け角を過大にして、トーインつきのリアハブを左右逆につけるとか。
 とは言っても作動角に対して、変化量が少ないのには換わりありませんが。
エボ3ユーザーさん 2005/07/14木16:05 [134]
. この書き込み間違ってます。返信  
>アーム取り付け角を過大にして、トーインつきのリアハブを左右逆につけるとか。
これは意味ありません。大嘘でした。何も考えずに書き込んでしまいました。
エボ3ユーザー 2005/07/14木16:23 [135]
. いやいや間違ってないかも返信  
 猫背ニャー小池さんの「前提が違う」というモットもな突っ込みに動揺してしまったようです。

>アーム取り付け角を過大にして、トーインつきのリアハブを左右逆につけるとか。

これは確かにうまく動きますが、やはりF201のようなトーコントロールの法がより現実的かと。
エボ3ユーザー 2005/07/14木20:14 [139]
. 一晩よく考えてみた、私なりのまとめです返信  
「エボ3ユーザーです」改め「はいどら」です。
 まずハンドル名ですが元々ちょっと通りすがりのついでに、と書き込みをはじめたためかなりいいかげんなハンドル名でした。
 混乱を招きそうでもありましたので今後から「はいどら」とさせていただきます。

 一晩ゆっくり考えてみました。指摘にもあったとおり、アップライト側のシャフトとシャーシ側のシャフトが並行のとき、アーム取り付けサスアームがストロークことによるトー角に変化はないようです。
 逆にいえばアップライトシャフトとシャーシ取り付け側のシャフトが並行ではない、そんなアームであればトー角に変化が置きると言えそうです。

 また、サスアーム取り付け角を過大に設定して、トーインつきのアップライトを左右逆に取り付けたら同じなのではとも考えましたが、考えてみればアップライトのトー角は、アップライトシャフトに対して付いているためこれは駄目です。
 じっくり考えずに書き込みを行ってしまいご迷惑をおかけしました。

 混乱させてしまったお詫びといってはなんですがトー角に変化を無理やり起こす方法を新たに考えましたので。

 その方法とは。
 サスアームを火であぶるなどしてねじる、というものです。サスアーム取り付け角側のシャフトに対して、アップライト側のシャフトがよこから見て前上がりの角度が付くように。
 この場合90度サスアームをストロークさせると、アップライトシャフトとシャーシ側のシャフトの角差だけトーインが増えることになります。
 この方法のメリットはその場でねじり直すなどして、調整可能な点です。しかもなんだか男らしい。
 
 ごめんなさい。冗談です。火であぶったサスアームなんて強度の点でどうよ、とか、果たしてねじったアームにアップライトがちゃんとつくのかよって問題がありますしね。
はいどら 2005/07/15金20:33 [162]
. 勉強になりました。返信  
はいどらさん、こんばんは。
トーコントロールサスといえば、RCでも実車でも3本かそれ以上の
数のアームを使用してますが、やりようによっては2本のアームでも
不可能ではない事がわかり、私自身大変勉強になりました。

また、考察のきっかけを与えてくださったふぇら〜り伊藤さん
にも感謝しております。

今後ともよろしくお願いいたします。



猫背ニャー小池 メール 2005/07/15金22:24 [164]
. 少しおかしな感じです。返信  
一応の終結を見たようですが、おかしな感じが拭えません。
サスアーム外側シャフトに角度をつけても、スイングによるトー変化は起きませんよね?
トー変化が起きるには、スイングする過程で、サスアームの内側と外側の、「サスピンの角度」(普通は平行&固定)が変化しなければなりません。
言い換えれば、サスアームの前側Eリング間の距離と、後ろ側Eリング間の距離がスイングによって変化する、ということですよね?
これは、前側の支点と後ろ側の支点が、一つのサスアームで構成されている、現在のサスペンションでは実現しませんよね?
実車のマルチリンクは、だからマルチリンクなんです。
ロアアームに当たる物が1本ではないんです。
ABAK 2005/07/15金22:43 [165]
. 2本アームでも、一応可能返信  
ABAKさん、はじめまして。

台形の紙や板、あるいはねじった紙の辺をサスシャフトと仮定し、
角度を変えて見てみるとわかると思うんですが、2本のシャフトが
平行でない場合は、サスアームがスイングすると確かにトー変化は
あるんです。(真上から見ると、前側Eリング間と後ろ側Eリング間
の距離がスイングによって変化するのです)

ただ、車体設計者がこんな単純な構造を今まで思いつかなかったとは
思えません。採用例がないのは、なにか重大なデメリットがある為
だとは思います。

猫背ニャー小池 mailあり 2005/07/16土01:42 [169]
. 理解しました返信  
前側と後ろ側でアームの長さが違うという解釈ですね。
お手数お掛けしました。
ABAK 2005/07/17日00:21 [179]
. 蛇足です返信  
 ちょっと考えただけでも、ホイールベースやキャンバー変化時に悪影響が出そうですよね。いままで採用が無い一番の理由は入力に対しての出力つまり、トー角変化量が少なすぎることと、現実的にセットアップが不能な点だと思います。ただ、ダブルウィッシュボーンではなくとも、セミトレとかストラットなど他のサス形式での採用はありそうですが。

 ここからは本当に蛇足になりますが、水平ひねりと垂直ひねりを両方適用し、且角度が同じとき、アップ側ではそれぞれのトー変化量の合計、ダウン側ではトー角は常に変化しない、というにわかには信じがたい動作をします。が、コレ、なんかの変形おもちゃで採用されていました。変な動きをするなあ、と思ったのを急に思い出しましたので。
エボ3改め、はいどら 2005/07/18月20:29 [190]
. 以前から気になっていた話題なので…返信  
ふぇら〜り伊藤様、猫背ニャー小池様、エボ3ユーザーです様、こん★★は。
上達しないのにRCから離れられないラジ虫と申します。
リヤサスストローク時のトー変化ですが、十年くらい前から気になっていまして
ここ数日この話題から目が放せないでいます。私の頭の中では
・サスピン2本は取付角のまま平行。
・リヤアップライトは首振らない。
するとアームスイング時のトー角変化はどこで起きるのか…
でもmyマシンでストロークさせてみると微妙にトーが強まっているような…
実車などはブッシュの変位でトーコントロールする物もあるようですが、このままでは今晩も眠れません〜
ラジ虫 2005/07/14木01:58 [129]
. 変形とガタ返信  
ラジ虫さん、こんばんは。

ラジ虫さんのマシンでは微妙にトー変化しているとの事ですが、
一応理屈の上では変化はないので、考えられる要因としては、
変形とガタだと思います。以下仮説です。

変形:スプリングテンションがサスアームの後部にかかるので、
アーム剛性が低い場合はサスストローク時にねじれてアームの
アップライト側の前部がめくれ上がるような動きになり、トーイン
方向に変化すると思います。

ガタ:マシンを後ろから見ると2本のダンパーが八の字になって
います。なのでストローク時にはスプリングテンションにより
サスアーム後部を外側に押し出そうとする力が働くため、シャーシ側
サスシャフトに横方向のガタがある場合は、アーム後部が外に
押し出され、トーイン方向に変化すると思います。

いずれも設計的に狙った動きではなく、剛性不足と低精度が原因
だと思います。

上記のポイントを注意して、もう一度実物で確認して頂けませんで
しょうか。

その上でもし上記と違う要因だったら、出来れば返信頂きたいです。
よろしくお願いいたします。
猫背ニャー小池 mailあり 2005/07/15金23:12 [166]
. Re:変形とガタ返信  
猫背ニャー小池様、こんばんは!
夢の中にまでサスアームが出てきたラジ虫です。
アドバイスまでいただき有難う御座います。
お恥ずかしい話なのですが原因はアクスルの微妙な曲がりでした。
それにサスストロークによるキャンバー&トレッドの変化が加わり
目の錯覚と言いますか、トー角が変化している様に見えていたようです。
走行中にはタイヤのブレ等を感じなかったのでアクスル&ハブ周りに異常があるとは思いませんでした。点検って大切ですね〜
今回はとても勉強(反省?)になりました♪
ラジ虫 2005/07/16土01:14 [168]



上へ






RAIBB2.18 - wakatiai.com
Notregisted (Free Edition)
2017/11/20月18:44