トップへ
取り出しツリー

. ショットキーダイオードはみなさん付けていますか? みぃ〜 01/05月12:28[858]選択
. ショッキーダイオードについて ふぇら〜り伊藤 01/05月21:03[862]選択
. バックつきには厳禁ってことですね みぃ〜 01/06火00:10[866]選択
. 遊んでいるバンクの誘導電流 ふぇら〜り伊藤 01/08木01:53[891]選択


上の選択記事
. ショットキーダイオードはみなさん付けていますか?返信  
新年明けましておめでとうございます。
恐縮ですが早速質問させてください。
あるサイトを拝見したところ、アンプとモーター間
の配線に於いてショットキーバリアダイオードを
付けるようにと指摘のあるアンプがあるようですが
皆さんも常に付けているのでしょうか?構造としては
モーターコイルの自己誘導分を回生するものですから
高周波ESCを使用しているならばかなり有効なアイテム
のような気がするのですが、
キャパシタほど話を聞かないのですね。

良ければ付けている時の変化や感想も聞けるとうれしいです。
みぃ〜 2004/01/05月12:28 [858]
. ショッキーダイオードについて返信  
こんにちは。

ショッキーダイオードというのは、スピードコントローラーとして
FETトランジスタによるスイッチング回路を利用した「FETアンプ」が
広く使われるようになった1980年代後半から、FET素子の保護用に利用されるようになりました。

FETというのは、基本的に電気の逆流に弱いそうなんですが、
 (最近は、意識して逆電流対策が強化されてきていますが)
回転中のモーターというのは、ローターの極性切り替えの瞬間やスロットルを戻したときなど、
「電気が流れなくなる瞬間」には、「フレミングの法則」に従って必ず「発電機」に切り替わりますから、
この瞬間に、モーターで発電された電気が、逆向きの電流、
通称「逆起電流」としてアンプにキックバックされます。
この逆電流がFETの許容量を越えたものだと、最悪、一発でFETが壊れてしまうため、
FET自体がヤワで、かつ非常に高価だった昔は大問題だったわけです。
現在では、FETの耐性も格段に上がっているので、
540やスポチュン程度ならよほどのことがなければショッキーがなくてもFETが壊れることはありませんが、
23Tストックやモディファイドモーターは要注意です。

実際の動作ですが、
ショッキーダイオードをモーター端子間をショートする形で装着すると、
電流が正方向のときは電気を通さず(ショッキーがないのと同じ)、
逆起電流が発生した瞬間のみ、電気をショート(キャンセル)させてアンプへ流さないようにします。
ショート、とは言いましたが、これは回生ブレーキとは電気の流れが逆向きで、
モーターが発電した電気を回転方向に戻してやるものですから
結果としてモーターの転がりが良くなり、スロットルoff時のブレーキ効果が減り、
スムーズなアクセルワークにつながります。
ちなみに回生ブレーキは、逆起電流を回転を妨げる方向にショートさせるものです。
RC用アンプでは、このショートの量をスイッチング制御でポンピングしてブレーキの効きを調節しています。

というわけで、特にスロットルブレーキの強くかかる高出力モーターを使う場合には
アクセルワークを楽にするデバイスとして、また、アンプを保護するデバイスとしても、
ショッキーダイオードは必須となっています。
通常は、アンプに同梱されて説明書にも装着方法が書いてありますよね?

なお、以上の説明からも自明ですが、片方向にしか電気を流さないデバイスですから、
当然、前進専用アンプでしか使いません。
バック付きアンプに装着すると、バックに入れた瞬間、すべての電流がショッキーに流れ込み、パンクします。
 (「パチッ」とか「ボン」といって、電気臭がします<笑>)
もともと、バック付きアンプではバック側のFETで前進中の逆起電流をキャンセルしているので
ショッキーは不要です。

ショッキーダイオードの普及については、
私が1992年にRC再開した際、既にEXPの皆さんは当然のように使いこなしていたことを考えると、
80年代から使われていたことは間違いないでしょう。
RCTのBBSでも初期の頃から何度もスレッドが立ちましたので、いまさらあまり話題になっていないのです。

ただ、「入門者フォーラム」ではまだ1回しかスレが立っていませんでしたね。
いい機会ですから「ショッキーダイオード」に関する過去ログを総ざらいしておきました。
詳しい情報については以下のスレッドを当たってください。
このテーマに関する突っ込んだ質問は、基本的に「モーター研究室」で受けることにしておきましょう。

<入門者フォーラム>
ショッキーダイオードの数 TB初心者 09/14金13:00[76]
http://www.rct.jp/cgi/bbs/beginner/raib.cgi?md=tv&pn=76&ln=1321
ダイオードとコンデンサの違いは? レース二回目 07/16金16:42[1322]
http://www.rct.jp/cgi/bbs/beginner/raib.cgi?lg=x&md=tv&pn=1322&ln=1#13

<アンプ研究室>スレッド元記事の位置で指定
http://www.rct.jp/cgi-bin/lab/amps/bbs.cgi
キャパシタ&ショッキダイオード 2002/08/06 (Tue) 18:22:54 [投稿者: Qoo]
ショッキーダイオード 2002/02/06 (Wed) 20:50:17 [投稿者: しゅう]
コンデンサー、ショッキーダイオードについて 2001/02/06 (Tue) 01:59:52 [投稿者: るぱん]

<モーター研究室BBS>
旧BBSのログ・・・スレッド元記事の位置で指定
http://www.rct.jp/cgi-bin/lab/motor/bbs.cgi
ショットキーバリアダイオードの漏れについて 2004/02/02 (Mon) 00:45:59 [投稿者: しょきち]
ショッキダイオードについて 2003/12/18 (Thu) 22:48:48 [投稿者: まんちゃん]
スポチュンにもショッキダイオードは必要? 2003/08/18 (Mon) 21:31:43 [投稿者: dano]
ショットキーダイオード 1999/11/30 (Tue) 14:36:47 [投稿者: ひろ]
ふぇら〜り伊藤 メール 2004/01/05月21:03 [862]
. バックつきには厳禁ってことですね返信  
なるほど、惰性で回っている時のアンプ保護&
モーター回生というわけですね?
わたしはバック付しか使わないので危うく壊してしまう所でした。
有難うございます。
私が拝見した説明では、モーターからの発電の回生
よりも、アンプのスイッチングのターンオンの瞬間瞬間に
発生すると思われるモーターコイルの自己誘導をぐるっと
回生するもので、この効果もあるとすればアクセルオフの
回生に加えてアクセルオンによるパルス波に対しても好影
響を与えるRCにとってはベストな構造のように思いました。
でもそんなにうまくはいかないのかな…
みぃ〜 2004/01/06火00:10 [866]
. 遊んでいるバンクの誘導電流返信  
>私が拝見した説明では、モーターからの発電の回生
>よりも、アンプのスイッチングのターンオンの瞬間瞬間に
>発生すると思われるモーターコイルの自己誘導をぐるっと
>回生するもので、この効果もあるとすればアクセルオフの
>回生に加えてアクセルオンによるパルス波に対しても好影
>響を与えるRCにとってはベストな構造のように思いました。

話があまりややこしくなるとついて来れなくなる人が増えると思って
あえて伏せていたんですが、おっしゃる通り、
3相モーターですから、常に1相(3つあるバンクの1バンク)分は
電気が流れていません。で、この「遊んでいるバンク」は、
外部からの運動エネルギーで永久磁石の磁界の中を移動するわけですから、
当然、コイルに誘導電流が発生し、コイルの静電容量分の逆起電力が蓄積されます。
コミュテーターの極性が切り替わった瞬間に、この蓄えられていた電気が
逆流することは言うまでもありません。

ですから、厳密には、もちろん、アクセルオンのパルス波形にもショッキーは整流効果を果たしているかもです。
でも、意識するほどの違いはありませんね。
私は専門家でないので違った認識かも知れませんが、恐らく、
正方向の電流が非常に大きいので逆起電力のパルスがマスクされてしまってるのではないかと思います。

なお、ついでですが、ショッキーダイオードにはわずかですが必ず
正方向への電気の漏洩があり、効率は100%ではありません。
そこで、KOから、「理想ダイオード」を実現しようと
FETのパッシブスイッチング回路で整流する「VFSハイパーブースター」という商品が出ています。
スロットル開度が大きい場合は一般的なショッキーに比べ
最大20%程度の効率改善が見られます。5000円と高価ですが、
アクセル全開率の高い、広いコースでは、
ストレートエンドの「ひと伸び」を得るための必須アイテムです。
ふぇら〜り伊藤 メール 2004/01/08木01:53 [891]



上へ






RAIBB2.18 - wakatiai.com
Notregisted (Free Edition)
2017/11/22水12:41